(一社) 茨城県鍼灸師会事務所
〒302-0101
守谷市板戸井2284-3東洋堂内
TEL: 0297-48-6461
FAX: 0297-48-6461
Emailはこちら
50年の歩み
昭和22年 9月 GHQ指令による「鍼灸、あんまの廃止」に対し、先進が科学性を強調、反論して、同年12月、「はり師、きゅう師、あんま師、柔道整復師法」が制定される。
昭和24年10月 任意団体 茨城県鍼灸師会を発足
昭和25年11月 全国組織として日本鍼灸師会設立、茨鍼会も加入
昭和26年 5月 茨城県鍼灸師会は法人としての設立総会を開催。法人化への手続きを開始、
同年12月 社団法人として許可される。(会員数88名)
昭和27年以降 研修会の定期的開催。鍼灸の一般への普及活動、戦傷病者、老人養護施設等への奉仕治療の実施。
昭和32年 6月 鍼灸の保険治療実現への運動開始。全国的な運動に発展した。
昭和33年12月 日本保険鍼灸マッサージ師会結成に加わる。
昭和36年 5月 厚生省より鍼灸保険取扱い指示が出されたが支持が出されたが、きわめて制約の強い指示であった。
昭和36年11月 創立10周年(会員数46名)
昭和42年 9月 厚生省保険局長通知台32号により、医師の診断書による保険扱い往療科の支給、対象疾患を5疾患に増加される。
昭和46年11月 創立20周年(会員数24名)
昭和50年 7月 茨城県保険鍼灸マッサージ師会(茨保会)発足
昭和54年 5月 茨鍼会青年部結成
昭和56年 創立30周年記念事業(会員数53名)
昭和57年 つくば科学博に東洋医学コーナー設置を要望、昭和60年科学万博コーナー展示実現
昭和59年 8月 茨保会解散
平成 1年 7月 茨城県鍼灸あんまマッサージ保険協議会を全鍼灸師会とともに設立
平成 2年 東洋療法試験研修財団設立に全会員が協力
平成 3年 5月 厚生大臣指定講習会実施 受講88名
平成 3年 9月 創立40周年記念事業(会員数106名)
平成 8年10月 創立45周年記念事業(会員数98名)
平成10年 9月 水戸藩医西村元春師没後三百年顕彰事業
平成11年 専門領域「スポーツ鍼灸」研修講座実施 35名受講
鍼灸手技医療介助士要請講座実施 18名受講
平成12年 専門領域「老年医学」研修講座実施 22名受講
平成13年11月 創立50周年記念事業
平成14年 8月 インターハイ開会 スポーツケア鍼灸支援の実施
平成15年 9月 関東ブロック会議開催「業権の拡大をめざして」筑波技術短期大学の協賛を得て150名を迎えて挙行
平成16年 2月 春季一泊研修会(大洗、鴎松亭)専門領域「婦人疾患」研修実施終了。講師に東京医科大学教授 又吉先生、茨城県医師会副会長 今高先生を向かえ、医療に携わる業界の現状等を講演
平成16年 9月 関東ブロック会議(栃木)参加
平成17年 2月 関東ブロック会議(群馬)参加
平成17年 8月 夏季研修会(普通救命講習、DKシステムについて実演)
平成17年10月 日鍼会第一回全国大会(浜松) 茨城県鍼灸師会参加。鍼灸界の現状と問題点、課題について検討。国民のための鍼灸医療の展望を情報発信する。同時に鍼灸臨床研修会を開催
平成17年11月 茨城県鍼灸師会定款改正変更登記 定款等諸規則の整備、定款の内容等を見直し、実態に即した定款の改正を行った。
平成17年12月 年末研修会(鍼灸師のための税の申告、達人の技シリーズ)
平成18年 2月 春季研修会(全日本鍼灸学会茨城地方会、つくば鍼灸研究会と合同研修会を実施) 効率的で有意義な生涯学習であった
平成18年 8月 関東ブロック会議(埼玉)5名参加
平成18年10月 (社)茨城県鍼灸師会創立55周年記念事業(会員数75名)
平成19年 1月 春季一泊研修会を茨城県鍼灸マッサージ師会と合同開催。(レイクサイド茎崎)
真柳誠先生・茨城大学大学院人文科学研究科教授 「現代中医鍼灸学の形成に与えた日本貢献」
平成19年10月 日本鍼灸師会全国大会イン大阪参加(7名)
平成19年11月 関東ブロック会議(東京)参加
平成19年11月 ねんりんピック茨城2007ボランティア登録
平成19年12月 専門領域研修制度「鍼灸医療リスクマネージメント」始まる。
3ヵ年で51単位
平成20年 1月 春季一泊研修会(大洗ホテル)
特別講演・豊後総病院院長、諸治隆嗣先生 「心の病気と体の痛み」
茨城広域連合 「後期高齢者医療制度について」など
平成20年 8月 関東ブロック会議神奈川参加
平成20年10月 日本鍼灸師会全国大会イン仙台参加(4名)
平成21年 1月 春季一泊研修会(大洗ホテル)
専門領域研修制度「鍼灸医療リスクマネージメント」の一環で行われた。
講師 茨城県医師会会長 原中勝征 先生
今日の医療と福祉をどう考えるか「医療費抑制政策を超えて〜茨城からの提言〜」など
平成21年 8月 関東ブロック会議千葉参加(11名)
平成21年10月 日本鍼灸師会全国大会イン東京参加(4名)
平成22年 1月 春季一泊研修会(大洗ホテル)
「県内肝炎対策について」茨城県保健福祉部 森田俊二氏など
平成22年 5月 日本鍼灸師会60周年記念
日本鍼灸師会会長表彰受賞・佐野氏、関氏、西野宮氏
日本鍼灸師会会長感謝状受賞・市田氏、山本氏
平成22年 8月 関東ブロック会議茨城県で開催(つくば市ホテルグランド東雲)
会議のテーマ「急がれる日本鍼灸の再建」
基調講演 東京有明医療大学准教授医学博士 東郷俊宏先生
「国際的な鍼灸の動き」〜WFASとISOにおける標準化の動きを中心に〜
平成22年12月 専門領域研修制度「鍼灸医療リスクマネージメント」修了式
平成23年 1月 春季一泊研修会(ホテルニュー白亜紀)
平成23年 3月 東日本大震災
平成23年 8月 関東ブロック会議栃木県参加
平成23年 9月 一般社団法人化に向け主務官庁に申請
平成23年11月 社団法人茨城県鍼灸師会60周年記念開催(水戸京成ホテル)
平成23年12月 年末研修会(土浦市)
平成24年 1月 春季一泊研修会(筑波山ホテル青木屋)
平成24年 3月 福島県南相馬市災害支援ボランティア活動に参加(5名)
平成24年 3月 一般社団法人茨城県鍼灸師会認可された。初代会長 山中亮助
平成24年 8月 関東ブロック会議群馬県参加
平成24年10月 日本鍼灸師会全国大会イン埼玉参加
平成24年12月 年末研修会(土浦市) 普通救命救急講習会
平成25年 2月 春季一泊研修会(筑波山ホテル青木屋)
平成25年 2月 第4回いわきサンシャインマラソンボランティア参加
平成25年 5月 一般社団法人総会2代目会長飯田孝道、現執行部就任
平成25年 8月 関東ブロック会議埼玉県参加
平成25年 9月 茨城県健康づくりキャンペーンに参加
(ひたちなか市ファッションクルーズニューポートひたちなか)
平成25年10月 日本鍼灸師会全国大会イン岡山参加
平成25年11月 第33回つくばマラソンボランティア参加